婚約指輪を注文する方法として、オーダー製か既製品があります。

オーダー製だと、デザインから全て自分で決めるフルオーダー製、もしくは自分の好みのリングと宝石を組み合わせるセミオーダー製があります。

既製品は国内ブランドや海外ブランドなどのハイブランドが取り扱う婚約指輪です。

では、既製品とオーダー製ではどちらが人気なのかという事ですが、婚約指輪購入者の統計では既製品が約50%を占めています。

対してセミオーダーが約40%、フルオーダーは約10%となっています。

ただ昔に比べてみると、オーダー製の需要は増えてきています。

既製品の人気は根強いですが、それだけ婚約指輪にこだわりを持つ人が増えてきたのでしょう。

どの購入方法がいいかは好みなので一概には言えません。

費用でいうと、フルオーダーの物が一番高く、次いで既製品、セミオーダーとなります。

オリジナリティを求めるなら、これもフルオーダーが一番ですが、セミオーダーでも組み合わせやオプションによってはオリジナリティを出すことができます。

既製品はオリジナリティはありませんが、ハイブランドという事で個人的なステイタスは感じることができます。

予算を考えたうえで、色々比較してみることをおすすめします。