婚約指輪とは婚約の記念に男性から女性に贈るもので、たいていはダイヤなどの石のついた豪華なものが一般的です。

テレビドラマなどのイメージでプロポーズの時にサプライズで用意するものと思われがちですが、女性にとってとても大切なものなので必ず一緒に選ぶことをお勧めします。

また値段も給料の3カ月分と言われた時代もありましたが、それは宝石会社の作ったかってなイメージです。

身の丈にあった気に入ったものを選びましょう。

今はめったにつけることのない婚約指輪にお金を使うのはもったいないという現実的な女性も増えてきているのできちんと話し合って、実用的な時計や二人の共通の趣味になるようなものを選ぶ人も増えてきました。

しかしやはり女性にとって婚約指輪に夢を持っている人が多いのも事実です。

買った後全く使う機会がないということにならないよう選ぶときに注意する事を考えてみましょう。

まず一般的に結婚後婚約指輪をするのはパーティーなどの華やかな場面です。

しかし自分が主役になることはほとんどありませんから目立ちすぎるものはよくありません。

今は結婚指輪と一緒に重ねづけしたときにさらにデザインの映える、婚約指輪と結婚指輪のセットになったものもあります。

セットではなくても結婚指輪との調和を考えて婚約指輪お客様の声を参考に選ぶと失敗がないでしょう。

参考リンク・・》http://www.mwed.jp/jyuku/categ6/lecture135/